ここから本文です

【レッドブル・エアレース千葉】強風の影響でテストフライトは延期

6/5(月) 19:27配信

レスポンス

最高速度は370km/hともなり、「空のF1」などとも言われるエアレース「レッドブル・エアレース千葉 2017」が6月3~4日に、千葉市美浜区の幕張海浜公園で開催される。その前日の2日にはテストフライトが予定されていたが、強風と高波のため実施が3日に延期された。

[関連写真]

テストフライトは11時20分と14時45分から行われることになっていたが、強風が収まらず、海面にも白波が激しく発生する状態が続いていた。それでも、16時頃からテスト機1機がコース上を飛行し始め「もしや」と期待されたが、この日はこれで終了。翌日3日13時過ぎからに延期が決定した。

予選は3日の16時前後に開始予定。決勝の4日は13時から14名のパイロットによる「Round of 14」がまず行われ、その勝者7名と敗者の中から最速タイムを記録した1名による対戦「Round of 8」が続き、その勝者4名の中から最後に優勝者を決定する「Final 4」が実施される。

また、この大会に先立ち、浦安市内の公園に設置された臨時エアポートでは2日夕方から、マスタークラスの全選手が参加しサイン会を実施した。主催者によれば、サイン会を開いてこれほど大勢の来場者があるのは日本だけだそうで、選手たちもこれには驚いてるという。サイン会は当初予定の1時間を30分ほど延長。大会前に大きな盛り上がりを見せる結果となった。

《レスポンス 会田肇》

最終更新:6/5(月) 19:27
レスポンス