ここから本文です

【K-1】ゲーオ王座防衛に自信満々「野杁は思い知ることになるだろう」

6/3(土) 19:49配信

イーファイト

 6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~』に出場するゲーオ・ウィラサクレック(WSRフェアテックスジム)が6月3日(土)都内所属ジムで公開練習を行った。

【フォト】前回の対戦、野杁に前蹴りを突き刺すゲーオ

 ゲーオはNDC -66kg世界王者・野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場)を挑戦者に迎え、K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王座の3度目の防衛戦を行う。

 2分1Rのミット打ちを終えたゲーオは「今のコンディションは100%。厳しい練習を積んで準備はもう整っている」と、試合約2週間前にして完璧な状態にあると話した。

 4月22日に山崎秀晃を相手に2度目の防衛に成功しているが、「特にダメージはなかった」と言い、山崎戦後はタイへ帰ることなく日本で今回の試合へ向けて調整してきたという。

 野杁については「以前戦った時(2016年6月=ゲーオが判定勝ち)よりも野杁は強くなっていると思う。あと対策を練ってくると思う。野杁は頑丈で、重いパンチが当たっても頑張って耐える精神力を持っている」と評するが、「ただ自分が対策を詰めていけば問題ない。コンディションがいいから楽しい試合になるだろうね。自分は試合の中で全力を尽くすだけだし、対策は当日皆さんに見せます」と自信満々。

 2日に行われた公開練習で、野杁が「夢の中で何度もゲーオに勝っている」と言ったことを伝え聞くと、「自分が勝つと思う。それは夢の中だけの話だと思いますよ」と一笑に付し、「前回とは状況(前回はトーナメントの準決勝で対戦)が違うので、自分は全力で当たっていく。野杁は思い知ることになるでしょう。前回よりも僕にとっていい結果になります。当日をお楽しみに」とニヤリ。

 また、今回は同門のゴンナパー・ウィラサクレック(タイ)も、K-1 WORLD GPライト級王者ウェイ・ルイ(中国)とタイトルマッチを行うことから、「相談し合ったり、助け合ったりしているよ。2人でベルトをウィラサクレックジムに持ち帰ってこれればいいと思う」と語る。K-1にムエタイ旋風が吹き荒れるのか。

最終更新:6/3(土) 19:49
イーファイト