ここから本文です

村上虹郎、自動車教習所の応急救護でマジ演技「本業だし」

6/5(月) 19:25配信

cinemacafe.net

芥川賞作家・藤沢周の小説を映画化した『武曲 MUKOKU』の初日舞台挨拶が6月3日(土)に行われ、主演の綾野剛、共演する村上虹郎と熊切和嘉監督が出席した。

【画像】綾野剛&村上虹郎

現代の鎌倉を舞台に、父親をめぐる事件を機に生きる気力を失った凄腕剣士・矢田部研吾(綾野さん)と、本人も気づかない天性の剣の才能を秘めた高校生・羽田融(村上さん)が“魂の決闘”に火花を散らす。

「朝から地獄みたいな映画をご覧いただき、ありがとうございます」とファンに感謝した綾野さんは、「地獄のように相当重い作品ですが、確かに希望や光が、それを求めた人間に注いでいる」とコメント。熊切監督とは『夏の終り』以来のタッグで、「当時は喜びで、地に足がついておらず、心残りがあった。今回は熊切さんに身を委ねて、鮮度ある状態で現場に入った」と達成感を示した。

また、ジョン・ウー監督が本作を「いろんな面で人を勇気づける素晴らしい映画」と絶賛していることについて、「あまりにすごいことで、ピンときませんが、役者人生の大きな糧になることは確か」と背筋を伸ばしていた。

村上さんは、初の熊切組を「最高でした!」と回想。「現場ではほとんど会話した記憶がないんですが、監督はいつもキラキラした目で僕らを見つめ、『いいっすねえ』と言ってくれた」とふり返った。また、作品のテーマにちなみ「最近、何と戦った?」と問われると、「自動車教習所に通っていたんですけど、応急救護って芝居するじゃないですか。こっちも本業だし(笑)、声を出してきました」と現場以外での“マジ演技”を告白。そんなまっすぐな村上さんに、綾野さんはほっこりしていた。

『武曲 MUKOKU』は全国にて公開中。

最終更新:6/5(月) 19:25
cinemacafe.net