ここから本文です

クリストフ・ワルツ監督デビュー作にバネッサ・レッドグレーブ

6/3(土) 11:30配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ 繋がれざる者」で2度オスカーを受賞している俳優クリストフ・ワルツが長編初メガホンをとる「Georgetown(原題)」に、ベテラン女優バネッサ・レッドグレーブが出演することがわかった。レッドグレーブはこれまでオスカーに6度ノミネートされており、「ジュリア」(1977)で助演女優賞を受賞している。

 新作「Georgetown」は、ジャーナリストのフランクリン・フォーが執筆したニューヨーク・タイムズ誌の記事をもとに映画化する作品。記事は、2011年に妻を殺害し懲役50年の有罪判決を受けたアルベクト・ムースの実話をつづっている。

 エキセントリックで野心家のムースは26歳だった1991年に、71歳の裕福な未亡人ビオラ・ドラスを誘惑して結婚。夫妻で政治家などの要人を招いては、自宅で豪華なパーティを主催した。自らの生い立ちを偽るムースはワシントンの名士に昇りつめたが、妻ドラスが殺害されたことから裁判で化けの皮がはがれ、その正体が明らかになった。

 米Deadlineによれば、映画はワルツがムースをモデルにした主人公モット役で主演も務め、レッドグレーブが殺害される妻エルサ役を演じる。脚本は、「イルマーレ」のデビッド・オーバーンが執筆。ブレット・ラトナーのラットパック・エンターテインメント、デビッド・ガーソン、ジョン・チェンがプロデュースし、今夏にカナダ・モントリオールで撮影が行われる。

最終更新:6/3(土) 11:30
映画.com