ここから本文です

武豊騎手のステイインシアトルが逃げ切り重賞初V/鳴尾記念

6/3(土) 15:42配信

netkeiba.com

 3日、阪神競馬場で行われた鳴尾記念(3歳上・GIII・芝2000m)は、先手を取った武豊騎手騎乗の3番人気ステイインシアトル(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)が、そのまま直線に入ってゴールまで押し切り、外から追い上げてきた1番人気スマートレイアー(牝7、栗東・大久保龍志厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分59秒4(良)。

【写真】 ステイインシアトルのこれまでの軌跡

 さらに1.3/4馬身差の3着に7番人気マイネルフロスト(牡6、美浦・高木登厩舎)が入った。なお、2番人気バンドワゴン(牡6、栗東・石坂正厩舎)は7着に終わった。

 勝ったステイインシアトルは、父ステイゴールド、母シアトルサンセット、その父Belong to Meという血統。強豪相手に見事逃げ切り勝ちを決め、初めての重賞タイトルを獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
◆ステイインシアトル(牡6)
騎手:武豊
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ステイゴールド
母:シアトルサンセット
母父:Belong to Me
馬主:青芝商事
生産者:ノーザンファーム
通算成績:10戦5勝(重賞1勝)

最終更新:6/3(土) 18:51
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ