ここから本文です

高杉真宙が葵わかなと京都弁で会話交わす「逆光の頃」予告編

6/3(土) 7:00配信

映画ナタリー

高杉真宙が主演を務める「逆光の頃」のポスタービジュアルと予告編が公開された。

タナカカツキのマンガを原作にした本作は、高杉演じる高校2年生・赤田孝豊の日常と不安定な心情を描く青春劇。YouTubeにて公開された予告編には、孝豊が葵わかな扮する幼なじみ・みことと京都弁で会話を交わす様子や、彼女に手を差し出すシーンなどが収められている。

【写真】「逆光の頃」(他29枚)

加えて6月10日に東京・新宿シネマカリテにて完成披露上映会が実施されることが明らかに。高杉、葵のほかキャストの清水尋也、監督の小林啓一が登壇する予定だ。なおチケットは6月5日正午より劇場の公式サイトにて販売が開始される。

「逆光の頃」は7月8日より新宿シネマカリテほか全国にて順次ロードショー。

「逆光の頃」完成披露上映会
2017年6月10日(土)東京都 新宿シネマカリテ
15:00~の回上映後
<登壇者(予定)>
高杉真宙 / 葵わかな / 清水尋也 / 小林啓一
料金:2000円



(c)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

最終更新:6/3(土) 7:00
映画ナタリー