ここから本文です

【UFC】フェザー級統一王者決定戦、美女トップファイター対決も

6/3(土) 22:58配信

イーファイト

 6月3日(土・現地時間)ブラジル・リオデジャネイロのジュネス・アリーナにて『UFC 212』が開催される。

【フォト】タイトなミニスカートを着こなすカロリーナ

 今大会のメインイベントでは、UFCフェザー級王者ジョゼ・アルド(ブラジル)vs同暫定王者のマックス・ホロウェイ(アメリカ)のフェザー級統一王者決定戦が行われる。

 アルドは2015年12月に開催された『UFC 194』でコナー・マクレガーに敗れるまで10年間無敗を誇り、8年間にわたって王座を防衛し続けた。マクレガーとの再戦希望がかなわなかったアルドは、『UFC 200』(2016年7月)でフランキー・エドガーを下してフェザー級暫定王座を獲得。その後、マクレガーのベルト返上を受けてアルドが正王者に認定された。

 一方のホロウェイは2016年12月に開催された『UFC 206』でアンソニー・ペティスを破りUFCフェザー級暫定王座に就いた。今回の統一王者決定戦で、真のフェザー級王者が決定することになる。

 試合前のインタビューで、アルドは「俺に言わせれば、自分がずっとチャンピオンだった。マクレガー戦のつまずきはフロックで、再戦すれば勝つのは自分の方だということは分かっている。フェザー級で負けることなど考えられない。だから今回、ベルトを統一するチャンスが来たことを嬉しく思っている」と、自分こそが真のフェザー級王者だと語る。

 対するホロウェイは「アルドは史上最高のストライカー(打撃を主体としたスタイルの選手)だとされてきた。でも時代は変わっている。今のベストストライカーは俺だ。敵地に乗り込み、全てを奪い取ってやる。アルドがもし、自分こそが最強だと言うのであれば、そのことを俺に証明してみろ」と挑発した。

 また、セミファイナルでは女子ストロー級ランキング1位クラウディア・ガデーリャ(ブラジル)vs同級2位カロリーナ・コバルケビッチ(ポーランド)が対戦。

 共に現女子ストロー級王者であるヨアンナ・イェンドジェイチェクに敗れた2人だが、再びタイトルマッチへの切符を手にするべく激突する。13勝2敗のガデーリャか、10勝1敗のカロリーナか。

最終更新:6/3(土) 22:58
イーファイト