ここから本文です

アルビレックス新潟、GK大谷幸輝とDF大野和成が手術…守護神とキャプテンが同時離脱

6/3(土) 15:34配信

GOAL

アルビレックス新潟は3日、GK大谷幸輝とDF大野和成が手術を受けたと発表した。大谷は右足関節インピンジメント症候群で全治8週間、大野は陳旧性右内側側副靭帯損傷で全治12週間の見込み。新潟は現在17位。守護神とキャプテンの同時離脱という、さらに厳しい事態となった。

大谷は熊本県出身の28歳。2008年に浦和レッズユースからトップチームへ昇格し、ギラヴァンツ北九州への期限付き移籍などを経て、今季より新潟に完全移籍した。リーグ戦では第4節から10試合連続でフル出場を果たしている。

大野は新潟県出身の27歳。2008年に新潟ユースからトップチームへ昇格し、愛媛FC、湘南ベルマーレへの期限付き移籍を経て2014年シーズンより新潟へ復帰。今季よりチームキャプテンを務め、リーグ戦7試合とカップ戦4試合にフル出場している。

GOAL

最終更新:6/3(土) 15:34
GOAL