ここから本文です

ヴェンゲル監督、サンチェス&エジルの残留を主張 退団は「今のところ、ない」

6/3(土) 9:45配信

ISM

 アーセナル(イングランド)のアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、他クラブからの関心が噂されるFWアレクシス・サンチェスとMFメスート・エジルについて、来季もチームに残ると主張した。米放送局『ESPN』など複数メディアが現地時間2日(以下現地時間)に報じている。

 アーセナルは今週、進退が注目されていたヴェンゲル監督と2年の契約延長で合意。指揮官の続投が決まったことで、当面の最大の注目は、サンチェスとエジルの去就ということになった。

 ヴェンゲル監督はかねてより両選手の残留を希望しており、来夏にフリーで退団することになるリスクを負ってでも、現行契約の最後となる来シーズンもチームに残留してもらいたいと、過去に述べていた。

 そのヴェンゲル監督は2日、『BeIn Sports』に対し「今夏に関しては、まず第一に彼らの残留を、そして願わくは契約を延長できたらと思っている」とコメント。攻撃の二枚看板の残留を改めて希望した。

 どちらかが退団する可能性について問われると、指揮官は「今のところ、それはないと信じている。我々はこのチームをキープし、それをどのように強化できるかに集中している」と返答。サンチェスやエジルといった現有戦力を維持しつつ、そこに新戦力を加えたいと語っている。

最終更新:6/3(土) 9:45
ISM