ここから本文です

伝説的ロックバンド「BOOWY」に新たな動き? ハッシュタグ「BOOWY0807」発表にファンどよめく

6/3(土) 12:56配信

ねとらぼ

 1980年代に活躍し、2017年でデビュー35周年を迎えるロックバンド「BOOWY」が、意味深なハッシュタグ「BOOWY0807」をアナウンスし、8月7日に何か大きな出来事が起こるのではとさまざまな臆測を呼んでいます。

【限定復刻だけでは終わらない】

 BOOWYは1982年にデビュー。氷室京介さん、布袋寅泰さん、松井常松(恒松)さん、高橋まことさんの4人が生み出す楽曲は多くの支持を集め、日本のロックシーンにすさまじいインパクトを与えるも、人気絶頂の中1988年4月のライブで活動に終止符を打ち、以後メンバーはそれぞれソロで活動しています。

 ハッシュタグの告知に合わせて、地元である群馬県高崎市の駅などでは「BOOWY 20170807」とのみ記されたポスターが掲出されるなどし、ファンの期待は高まるばかり。今回のハッシュタグに関する公式な追加アナウンスはまだ行われていませんが、既にファンの間では、「奇跡の一夜限りの再結成ライブ?」「東京ドーム?」など、8月7日の予定を探る動きが起こっています。ちなみに30年前、1987年8月7日には、横浜文化体育館で公演(CASE OF BOØWY)が行われまています。

 氷室さんは、2016年5月の東京ドーム公演を最後に、ライブ活動を無期限休止中の状態。なお、BOOWY 35th ANNIVERSARRYサイトでは、サイト立ち上げ時のメッセージとして「2017年。また新たな何かが生まれる年になるかも知れない」と記されています。

最終更新:6/3(土) 13:42
ねとらぼ