ここから本文です

【オリックス】小谷野「無の感じだった」土壇場で貴重な同点打

6/3(土) 0:34配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 巨人5―6オリックス=延長11回=(2日・東京ドーム)

 オリックスの小谷野栄一内野手(36)が、9回に貴重な同点打を放った。

 ロメロの6号ソロ、安達の適時二塁打で1点差に詰め寄ってなおも2死二塁。チーム最年長のベテランは、マシソンの153キロの直球を右翼へ適時二塁打。「みんなが流れをつくってくれたし、ああいう場面は好き。無の感じだった」と塁上では豪快なガッツポーズも見せ、喜びを爆発させた。

 延長11回にも中前打で出塁し、6点目のホームを踏んだ。チームも今季最多の17安打。巨人との激闘を制し「この試合は大きいでしょ」と振り返った。

最終更新:6/5(月) 19:49
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/28(水) 19:45