ここから本文です

17歳平野美宇、あっさり歴史塗り替えた!48年ぶりメダル

6/3(土) 6:04配信

スポーツ報知

◆世界卓球 第5日 ▽女子シングルス準々決勝 平野4―0フォン・ティエンウェイ(2日・ドイツ・デュッセルドルフ)

 【デュッセルドルフ(ドイツ)2日=林直史】日本、メダルラッシュだ! 女子シングルスは平野美宇(17)=エリートアカデミー=が準々決勝で世界ランク4位のフェン・ティアンウェイ(シンガポール)を4―0で下し、48年ぶりのメダルが確定した。女子ダブルス準々決勝は伊藤美誠(16)=スターツ=、早田ひな(16)=福岡・希望が丘高=組が香港ペアを下して4強に入り、16年ぶりメダル。男子ダブルス準々決勝は丹羽孝希(22)=スヴェンソン=、吉村真晴(23)=名古屋ダイハツ=組と大島祐哉(23)=木下グループ=、森薗政崇(22)=明大=組がともに勝ち、46年ぶりの2ペア同時メダル。男子シングルスは張本智和(13)=エリートアカデミー=が4回戦に進んだ。1日には混合ダブルスで前回銀の吉村、石川佳純(24)=全農=組の2大会連続メダルが確定した。

 平野が圧倒的な強さで歴史を塗り替えた。フェンとの準々決勝。激しい打ち合いとなった第3ゲームを18―16で制するなど、12年ロンドン五輪銅メダリストを技術でも気迫でも上回った。4―0のストレート勝ちで1969年のミュンヘン大会以来、48年ぶりのメダルが確定。「自分はアイドルが大好きなので、(AKBなどの)48でうれしい。将来おばあちゃんになった時に子供に自慢できる」と17歳らしい笑顔がはじけた。

 昨夏のリオ五輪は出場を逃し、サポート要員として同行した。出発前には母・真理子さんに「行っても応援するだけ。日本に残って練習した方がいいんじゃないかな」と本音をこぼすなど、決して前向きにはとらえられなかったが、「絶対に得るものがあるから行きなさい」と背中を押された。だが、団体銅メダル獲得の瞬間もスタンドで見届けるだけだった悔しい経験が、平野の人生を変えた。

 現地で五輪の空気を肌で感じ、東京五輪への気持ちは一層強まった。練習相手などサポート役に徹したことで、支えてくれる人の大切さを痛感。試合を終えると、真っ先にスタッフと握手を交わすようになった。10歳で全日本選手権女子シングルスで最年少勝利を挙げるなど、順風満帆な競技人生を送ってきた平野にとって、大会の流れや選手の動きを客観的に見る経験も貴重だった。帰国後、「行って良かった」と素直に口にできるようになった。

 4月のアジア選手権では、リオ五輪女子シングルス金メダルで世界ランク1位の丁寧ら世界最強の中国選手を3人も倒して優勝したが、今大会は準々決勝まで一度も当たらない組み合わせだった。中国メディアが「平野が直接ベスト4に行く」と報じたニュースも目に入っていたが、日本にとっては長く苦しんできた壁。「そんな簡単なことじゃない」と気を引き締め、目標を実現したが、達成感はなかった。「泣くかと思ったけど、まだまだ上がある。ここで満足してないと自分で思いました」。日本時間3日の準決勝は丁寧と対戦。正真正銘の中国超えへ、真価が問われる時が来た。

最終更新:6/3(土) 8:07
スポーツ報知