ここから本文です

崎山武志 逆転での地元Vならず「来週は連覇目指して頑張ります」

6/3(土) 17:41配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント 最終日◇3日◇イーストウッドカントリークラブ(6,836ヤード・パー72)>

これがチーム崎山!応援団の後押しも受けて戦ったが…

イーストウッドカントリークラブ(栃木県)で6月1日(木)から3日(土)の日程で開催された2017年PGAシニアツアー第2戦「すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント」。自宅から約30分の距離にあるコースでの開催で、3打差から逆転地元Vを狙った崎山武志だったが、伸ばしあいについていけず、トータル11アンダー・6位タイで大会を終えた。

2日目終了後には、首位につけるマークセンに対し、1つ前の組からプレッシャーをかけたいと宣言していたが、その言葉どおり、立ち上がりの1番から連続バーディ発進。前半3バーディ・ノーボギーで優勝争いに残ったが、後半は1バーディ・1ボギーと失速。「空回りでしたね。本当にグリーン勝負でしたが、もったいない感じでした」と悔やんだ。

地元開催だけあって、この日は"TEAM SAKIYAMA"と書かれたTシャツを着込んだ応援団が駆けつけ、孫娘も来場。家族で優勝写真撮影を目指したが叶わず、反省点が残る試合となった。

来週の「スターツシニア」はディフェンディング大会だけに「連覇を目指して頑張ります」と意気込む。ルーキーイヤーの2013年開幕戦「金秀シニア」で初優勝を挙げると、2015年4勝、2016年2勝と着実に勝ち星を積み重ねシニア通算7勝。昨年まで2年連続賞金ランク2位と遅咲きながらシニアの看板選手して期待されるだけに、"打倒マークセン"の急先鋒として、勝利をつかみたい。
(撮影:標英俊)<ゴルフ情報ALBA.Net>