ここから本文です

須賀健太、本性はダーク?怖がる監督に「営業妨害」と抗議

6/3(土) 14:39配信

シネマトゥデイ

 俳優の須賀健太が3日、都内で行われた映画『ダブルミンツ』初日舞台あいさつに登壇し、ダークな役柄を演じるも、本当の自分は「天使」であることをアピールして笑いをさらった。この日は、淵上泰史、田中俊介(BOYS AND MEN)、川籠石駿平、冨手麻妙、内田英治監督も出席した。

“ダークBL”キャスト集結!初日舞台あいさつフォトギャラリー

 本作は、ボーイズラブ漫画「同級生」の作者として知られる中村明日美子による“ダークBL”と呼ばれる同名漫画の実写映画化。冷酷で高飛車な市川光央(田中)と、彼の下僕の壱河光夫(淵上)。犯罪と暴力の中で、同じ“イチカワミツオ”の名前を持つ二人の男の愛憎入り混じるドラマを描く。

 高校時代のシーンでは、須賀は光央役として、川籠石演じる光夫を裸で倉庫に閉じ込めたり、彼女を寝取ったり、バイオレンスな一面を披露していることから、内田監督から「怖い」とささやかれる羽目に。すると須賀は「監督がしきりに『本当の須賀健太を撮る』みたいなことをおっしゃって……。営業妨害ですよ」と抗議し、「怖い人じゃない!」とアピール。

 そして、高校時代の撮影はクランクイン初日の1日だけだったことを明かし、「これが基準になるだろうと思ったので、緊張の連続でした」と吐露しながらも、「役者として新しい挑戦というか、今までの自分の中にないような役をやらせていただけることはチャレンジであり、役者冥利に尽きます。黒ミツオ(撮影中の光央の呼び名)で出られたことは幸せでした」と喜びをかみしめた。

 また、「倉庫に閉じ込めて『俺の犬になれ』と言うところはやっぱり楽しかったです」と笑顔を見せる場面もあったが、「(普段は)言えないですからね。そんなこと言わないですよ」と慌てて釈明。最後は「SNSで広めていただく際には『須賀健太は本当は天使で、役でああいうダークなキャラをやっていた』ということで、一つよろしくお願いします」と強調し、会場を笑いに包んだ。

 挑戦的な試みは須賀だけではなく、田中は14キロも減量して暴力的な役を体現し、冨手も男と対等に戦うなどしており、内田監督は「撮影中はみんなが持つ本性を知りたいと向き合っていて、本性を知った今、あまり近づきたくない」と冗談を言いつつも、「人は誰しも内面に違う自分があるので、それを引き出せた時に良い映画になると思う」と本作に自信を見せた。(取材:錦怜那)

映画『ダブルミンツ』は公開中

最終更新:6/3(土) 14:39
シネマトゥデイ