ここから本文です

サッカー=レアル主将、欧州CL決勝は「初めてのつもりで」

6/3(土) 10:45配信

ロイター

[カーディフ 2日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードの主将セルヒオラモスは、3日にカーディフで行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝のユベントス(イタリア)戦では、初優勝を目指す気持ちで戦うと述べた。

レアルにとっては通算15回目のCL決勝。勝てばCL史上初の連覇となり、最多優勝回数を12に伸ばす。一方のユベントスは通算9回目のCL決勝。これまで2回優勝している。両チームは1998年の決勝で対戦。レアルが1─0の勝利を収めた。

セルヒオラモスは2日の記者会見で「あしたは歴史を作る機会。過去の実績は忘れて、初優勝を目指す気持ちにならないといけない」とコメント。「史上初のCL連覇に向けてモチベーションが高まっている」と語った。

レアルは2014年の決勝でアトレチコ・マドリード(スペイン)を下し、12年ぶりのCL優勝を達成。昨年の決勝ではPK戦の末、アトレチコを下して欧州制覇を果たした。

最終更新:6/3(土) 10:53
ロイター