ここから本文です

前半戦の大一番、絶好調・柏レイソル対浦和レッズ…試合を分けるポイントは?

6/3(土) 21:28配信

GOAL

■J1第14節 柏レイソルvs浦和レッズ(6月4日:日立柏サッカー場 19:00)

7連勝で暫定首位に立つ柏レイソルがホーム・日立柏サッカー場で勝ち点4差4位の浦和レッズを迎え撃つ。昨年のリーグ戦は浦和が2連勝。開幕戦だった日立台の試合も浦和が武藤雄樹とズラタンのゴールで2-1と勝利している。ただし、昨季途中から就任した下平隆宏監督の下、今季はチームの戦術理解度は高まり、指揮官も経験を積んでいる上積みがある。

その柏は前節の大宮アルディージャ戦で4-2と勝利。2分に先制点を許したものの、前半のうちに伊東純也のゴールで追い付くと、後半に武富孝介の2得点などで3ゴールを奪い、大宮の反撃を1点に抑えた。MF大谷秀和を軸に、組織的に中盤を支配しながら多くのチャンスを作った柏はホームで60.6%のポゼッションを記録。今季ここまでの平均シュート数はリーグ2位の11.6本だが、大宮戦では21本を放つなど、多くのチャンスを作ることで4つのゴールにつなげた。

しかし、今回の対戦相手である浦和はここまでリーグ1位のポゼッション率、65.6%を記録。2点をリードしながらも最終的に3-3の引き分けに終わった第12節の清水エスパルス戦も69.7%だった。安定した組み立てからサイドを起点に攻撃する柏だが、ポゼッションが50%を下回ることを想定して、より守備をベースに効率よくシュートチャンスを作るプランニングが求められるかもしれない。

柏はオーソドックスな3ラインをベースとした「4-4-2」、浦和は「3-4-2-1」を固定的に用いており、この試合でも変更はないだろう。ただ、ボールを動かしながら可変制の高い攻撃をしてくるため、柏はコンパクトな守備ブロックを前後左右にスライドすることで、中央に決定的なスペースを与えない様にすることが求められる。しかも、全体のラインを下げすぎないことが重要だ。

■柏レイソルのポイント

守備の組織を機能させるためにFIFA U-20 ワールドカップ韓国2017から復帰する中山雄太と、中谷進之介のセンターバック(CB)コンビが中心になるが、鍵を握るのは伊東と武富の両サイドハーフ。浦和は右CBの森脇良太と左CBの槙野智章が同サイドのサイドに流れ、そこで起点になることにより、ウイングバックの関根貴大や宇賀神友弥を高い位置に上げ、そこにボールが入ると“KLM”と呼ばれる1トップ2シャドーの流れる様な崩しが繰り出される。その前提となる森脇と槙野の縦パスを伊東と武富が封じることで、浦和の攻撃は中央に限定され、柏の守備が的を絞りやすくなる。

そこから中盤でうまくボールを奪うことができれば、前線に君臨するクリスティアーノのクサビをスイッチにセカンドトップ型の中川寛斗がアクセントになり、短い時間の中で厚みのある仕掛けに持ち込むことができる。逆に浦和が中央から森脇や柏木陽介のミドルシュートに活路を見出そうとしても、日本代表に選ばれた22歳のGK中村航輔が万全の準備でセービングにつなげることができるはずだ。

■浦和レッズのポイント

一方の浦和は左右の揺さぶりを活用し、柏の組織的な守備をいかに打ち破るかがテーマとなる。柏の守備ブロックを左右どちらかのサイドに寄せ、そこから逆サイドのスペースを使って高い位置に起点を作る。ただ、その作業を繰り返すだけでは柏の守備も慣れるため、GK西川周作によるディフェンスラインを下げさせるフィードや関根の強引なドリブルなどを織り交ぜ、良い形の布石を打ちたい。

■試合全体のポイント

その浦和にとってやや心配なデータが後半の失点率だ。リーグ戦15失点のうち11点を後半に喫しているのだ。後半の得点も18点を記録しているため相手に圧倒されているわけではないが、全体が間延びする傾向を相手に突かれていることが失点増の要因になっている。逆に柏は21得点のうち13点を後半にあげている一方で、失点は前半6で後半7と、1点しか変わらない。これは後半も柏のコンパクトな守備が維持され、守備のリスクをかけるよりも、ジョーカーのディエゴ・オリヴェイラなどが前線に鋭さを加えているため。さらには中盤にブンデスリーガ2部のシュトゥットガルトから加入した元日本代表MF細貝萌を投入することで、中盤の強度を90分までキープしていることも大きい。

そうしたデータに加え、今節の浦和は韓国の済州ユナイテッドと120分の“死闘”を演じたAFCチャンピオンズリーグの試合から中3日という“ハンディ”もある。彼らにとっての理想的な展開は前半でリードを奪い、後半に中盤やシャドーの交代選手を有効に使うことで逃げ切りをはかることだ。前半戦における1つの大一番で両雄がどういった攻防を繰り広げるか注目だ。

文=河治良幸

GOAL

最終更新:6/3(土) 21:28
GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ