ここから本文です

特産ビワの出荷始まる 静岡・清水区

6/3(土) 9:40配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市清水区の薩タ峠周辺で栽培されている特産品のビワの出荷作業が2日、始まった。同区興津中町のJAしみず東部集荷場には生産者が集まり、選別したビワの品質を互いに確かめる「目ぞろえ」を行った。

 興津びわ部会の農家14戸らが実に傷が付かないようにと、自宅で一つ一つ丁寧に紙に包み、専用のパックに並べたものを持ち込んだ。目ぞろえではビワの大きさや色、傷の有無で等級や階級の基準を確認した。伏見勝部会長(75)は「5月の日照時間が長く、暖かかったので大きいサイズが多い」と話した。

 薩タ峠周辺は傾斜地で水はけが良く、豊富な日照に恵まれ、大きくて果肉の厚い甘いビワが育つという。ことしは20日ごろまでに約3・5トンを市内の青果市場に出荷する予定。



 ※注=薩タ峠のタは土ヘンに垂

静岡新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ