ここから本文です

陣内智則と松村未央アナの披露宴 ナイナイ岡村「みんな期待してるのは歌だけ」

6/3(土) 16:45配信

東スポWeb

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】お笑い芸人・陣内智則(43)とフジテレビの松村未央アナウンサー(30)が、6月30日に結婚することになった。藤原紀香(45)の次に女子アナとは、モテる男であることは間違いないが、渡部建(44)と佐々木希(29)の結婚が先行したせいか、それほど大きな話題になっていない。ただ芸人の間では唯一、陣内が披露宴でどんな曲を弾き語りするのか、注目が集まっている。

 というのも一度目の結婚式の際に、コブクロの人気曲で結婚式の定番ソングだった「永遠にともに」を弾き語りし、その後、離婚したことで同楽曲にマイナスイメージが付いたため。コブクロは一時、この曲をライブでも封印していたほどだ。

 ナインティナインの岡村隆史(46)は「みんな期待してるのは歌だけ。何を歌うのかってことのみになってますからね。もう一回、『永遠にともに』を歌ってほしいですよ。それやったら俺、お金払ってでも見に行きたい。披露宴に呼ばれてなかっても、それだけは目に焼き付けておきたいっていうのがありますよね。多分、本人はやりたくないでしょうけども。そこありきで進めてほしいな、っていうふうに思うんです」と楽しみにしているという。

 土田晃之(44)も「今度、どこのミュージシャンがターゲットになるんですかね。GReeeeNとかかな? 誰が良いですかね? 陣内に会った時に『誰々歌って』って、リクエストしますよ。もう歌わないのかな? でも弾き語ってほしいね」と、切望しているようだ。

「永遠にともに」は、はなわ(40)も「また結婚式で歌って」と呼びかけているが、コブクロのファンが「絶対、弾き語りはするなよ。2度目は許さない」と怒っているとか。陣内はそれを受けてか「やめておく」と苦笑い。さらに「披露宴をやるかどうか、まだそこまで全然考えてない」とも語っている。
 そうしたなか明石家さんま(61)だけはコブクロの件には一切触れないとか。陣内から結婚の報告を受けた際も「『お前、再婚してええな』って言うた」と言う。さらに「フジテレビのアナウンサーか、いい奥さんもらってうらやましいよね」と素直な心情を吐露している。

☆プロフィル=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳の時にラジオ番組で放送作家デビュー。現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

最終更新:6/3(土) 16:45
東スポWeb