ここから本文です

横澤夏子、福島のバター最中を推薦「私のための商品!」

6/3(土) 14:00配信

お笑いナタリー

昨日6月2日に東京・ルミネtheよしもとにて行われたイベント「よしもと福島シュフラン2017認定式」に、横澤夏子と福島出身の三瓶、「福島県住みます芸人」として活動するぺんぎんナッツらが出演した。

【写真】「よしもと福島シュフラン2017認定式」のワンシーン。(他2枚)

「よしもと47シュフラン」は47都道府県の主婦が推薦する商品を全国に発信するプロジェクトで2011年にスタート。「よしもと福島シュフラン」はその一環として、東日本大震災からの復興と地域活性化のために発足した特別企画だ。吉野復興大臣や福島県の内堀知事も出席した昨日のイベントでは、福島県の主婦がオススメした中から試食会を経て認定された「よしもと福島シュフラン」の商品が発表された。

芸人たちは各商品のプレゼンターを務め、新潟県出身の横澤が「ご近所の福島にこんないいものがたくさんあるなんて思ってもみなかったです!」と驚いたほか、オススメ商品として「バター最中」を挙げて「めちゃくちゃおいしかったです! 私のための商品。あまじょっぱさがベストマッチでした」と絶賛する。三瓶はきゅうりのキムチ漬けを推薦し、「こんなにいろいろな商品があるとは。上京して月日が経ちますが、いろいろ新しいものが増えているんだなーと感じました」と話した。

ぺんぎんナッツは「こんにゃく餅」や福島のソウルフードとも言われる「いかにんじん」について、福島県住みます芸人らしくトークを展開。またイベントMCのタケトが「多忙な公務の合間をぬって、安倍総理がいらっしゃいました!」とアナウンスして会場をざわつかせあと、安倍総理のモノマネをするビスケッティ佐竹が姿を見せて笑いを誘う場面もあった。

最終更新:6/3(土) 14:00
お笑いナタリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ