ここから本文です

森山未來が「絶対に近寄ってはいけない」と睨みつけた先輩俳優の実名告白

6/3(土) 10:35配信

デイリースポーツ

 俳優でダンサーの森山未來(32)が3日、TBS系「サワコの朝」に出演し、デビューした15歳のときに「絶対に近寄ってはいけない」とにらみ付けていた先輩俳優の実名を告白した。

【写真】森山が睨みつけた先輩、古田はこんな人!?

 森山は宮本亜門氏演出の舞台「ボーイズ・タイム」のオーディションに合格し、デビューした。10人が出演し、「僕以外の人たちが、僕の世界のすべて」だったという。そんなとき、俳優の古田新太(51)が姿を見せると、9人の共演者全員が「バーッと立ち上がって、『古田さん、お疲れさまです!』ってなったんです」と振り返った。

 古田に対して、尊敬する共演者は敬意を表したが、15歳だった森山はそのすごさはわからなかった。むしろ「なんやこいつ」と異形のものを見るように、凝視したという。現在は黒髪短髪の古田だが「ちょっと前まであの人、金髪のロン毛でしたからね。ハードロックのゴリゴリの服で、短パンに雪駄(せった)とか」と苦笑した。

 だがこの話を蒸し返すのは、いまでも交流のある古田から。「もう『絶対近寄っちゃいけないタイプの人』じゃないですか…っていう話を、いつも古田さんにされるんですよ」と困ったような顔に。古田からは「15歳の子どもに怒らないけど、すごい目つきで俺をにらんでたんやぞ」と、会う度に言われ続けていることを明かした。

Yahoo!ニュースからのお知らせ