ここから本文です

高校野球近畿大会・大阪勢対決の準決勝は東海大仰星に軍配

6/3(土) 11:51配信

デイリースポーツ

 「高校野球春季近畿大会準決勝・東海大仰星3-0大体大浪商」(3日、舞洲)

 大阪勢対決となった準決勝は、東海大仰星(大阪3位)が大体大浪商(大阪2位)を下して、春季近畿大会で初の決勝進出を決めた。

 東海大仰星は二回に二ゴロ野選の間に先制。三回は仲村和城内野手(3年)が左中間へ適時二塁打を放った。先発の河内大地投手(2年)は、5安打完封で勝利に導いた。

 〈先攻・大体大浪商〉

 1番・遊撃 中野奨大内野手(2年)

 2番・二塁 西上圭人内野手(3年)

 3番・中堅 西川尚汰外野手(3年)

 4番・左翼 木村税外野手(3年)

 5番・三塁 田中滉大内野手(3年)

 6番・一塁 北口啓全内野手(3年)

 7番・右翼 藤山空大外野手(3年)

 8番・捕手 谷口青海捕手(2年)

 9番・投手 田村篤史投手(3年)

 〈後攻・東海大仰星〉

 1番・左翼 薄田雄貴外野手(3年)

 2番・二塁 後藤生海内野手(3年)

 3番・一塁 古井一希内野手(2年)

 4番・三塁 仲村和城内野手(3年)

 5番・右翼 及川諒外野手(3年)

 6番・中堅 系千紘捕手(3年)

 7番・捕手 津沢大星捕手(3年)

 8番・投手 河内大地投手(2年)

 9番・遊撃 生地塁内野手(3年)