ここから本文です

小林麻央「食欲はとても回復傾向」食事のバリエーション、量も増えた!

6/3(土) 13:51配信

デイリースポーツ

 がん闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34)が3日、公式ブログを更新し「食欲はとても回復傾向です!!」と明かした。さらに退院後は「食べられるバリエーション、量が増えた」と喜んだ。

【写真】麻央「私が病気をして得たもの…」病室で涙の告白

 この日の朝は、海老蔵が長男・勸玄くんを連れて公園に遊びに行き、長女・麗禾ちゃんも外出。一人で遅めの朝食を取り、海老蔵がふやかしてくれたチアシードが入った小松菜のジュースを飲んだ麻央。「トロトロにした玉ねぎ、桃ラブ」とのどごしの良いものを工夫して食べている様子も。

 退院直後は「白身魚だしのおつゆに、素麺で、皆で、よし!よし!と感動」という状態だった。だが短期間でみるみる食欲が回復。トマトゼリー、とろ湯葉、もずく、ピーナッツ豆腐、ふわふわ豆腐バーグを食べてきたという。食材の加工にも工夫を施し「基本は、細かく刻む、柔らかく、小さく」だという。かぼちゃやじゃがいもは柔らかく煮て、トマトなどは細かく刻み、「流しても大丈夫なくらいです」と、細心の注意を払っている。

 あごに転移したがんに打ち勝つためにも食べるという決意を表明している麻央。「本当にこの短期間での食べられるバリエーション、量が増えたことは、家に戻れたことによる、喜び、安心感、気合い、そして何よりも、こうやってサポートしてくれる家族、いつも応援して下さる皆様のおかげです」と感謝をしていた。