ここから本文です

平野美宇、SKE後藤楽々に「前のめりのころから見てます」ガチオタぶり示す

6/3(土) 7:54配信

スポーツ報知

 世界卓球女子シングルスで準決勝に進出し、日本女子48年ぶりにメダル獲得を決めた平野美宇(17)=エリートアカデミー=が、“アイドル好き”ぶりを見せた。

 平野は2日、試合後のインタビューで“48”年ぶりのメダル獲得に「アイドルが大好きなので『フォーティーエイト』でうれしいです。アイドルが大好きなので『フォーティーエイト』でうれしいです」とありあまるアイドル愛を語った。

 平野の勝利直後、SKEの後藤楽々(16)が「今テレビを見てて、平野美宇さんが卓球で準決勝に出場が決まったみたいで!! 応援してくださる方とアイドルが自分の原動力ですって言ってるのを今ちょうどテレビで見てて自分と1つしか年齢が変わらない美宇さんの活躍に私もすごいなと尊敬しちゃうなって今思いました」とツイート。すると平野が「えー…嬉しいです…。前のめりのころからテレビで見てます」と通過ぎるリプライを送った。平野と「1つしか年齢が変わらない」と記した後藤だったが、実は“同級生”だ。

 後藤は2016年総選挙で圏外(100位以下)だった、決して全国的認知度が高くないメンバー。平野が触れた「前のめり」とは、7期生の後藤が14年に初めてSKE選抜入りした記念すべきシングル曲の表題。いかに平野が筋金入りの“アイドル好き”であるかが如実に表れたやりとりだ。

 平野からまさかのリプライをもらった後藤は「わーーーー…。びっくりした!! 前のめりの頃から!!…。ありがとうございます…。同い年なのにすごすぎて尊敬します…」と恐縮しきりだった。

最終更新:6/3(土) 7:54
スポーツ報知