ここから本文です

阪神・糸井、反撃のタイムリー 「ランナーをかえす事だけ考えた」

6/3(土) 19:09配信

デイリースポーツ

 「阪神-日本ハム」(3日、甲子園球場)

 阪神が2点ビハインドの三回、糸井嘉男外野手の中前適時打で1点を返した。

【写真】糸井、前回のタイムリーは“腹切りスイング”

 先頭の岡崎が初球、内角のシュートを右前にはじき返した。続く青柳がきっちり犠打を決め、1死二塁の得点機。5試合ぶりに1番に入った糸井に打順が巡った。2ボール1ストライクから4球目。内角低め142キロの直球を中前に運んだ。

 二走・岡崎が一気にホームまで生還した。前日2日の同戦では第99代4番に座ったが4打数無安打、2三振。5月31日のロッテ戦以来、自身3試合ぶりの適時打に「打ったのはストレート。3ボールという打者有利なカウントからでしたが、ランナーをかえす事だけ考えて打ちました。まず追いついて、勝ち越すことができるように頑張ります」とコメントした。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 22:45