ここから本文です

阪神-日本ハム戦でリプレー検証 二塁上で接触も判定は変わらず

6/3(土) 20:16配信

デイリースポーツ

 「交流戦、阪神-日本ハム」(3日、甲子園球場)

 阪神が併殺を狙った二塁上のプレーで、リプレー検証が行われた。

【写真】リプレー検証の結果にめげなかった!阪神・糸原

 阪神1点リードで迎えた六回、日本ハムの攻撃。1死一、二塁で大野が遊ゴロを放った。遊撃から二塁へ送球されて、まずはフォースアウト。併殺を狙った二塁手・上本が、スライディングで勢い余った一塁走者・大田と接触したこともあって、勢いがなくなった一塁への送球で、打者走者はセーフとなった。

 このプレーを巡って、審判団が協議。阪神・金本監督もベンチを飛び出したが、抗議をする前に審判団がリプレー検証に入った。結果、守備妨害は認められずに2死一、三塁でゲーム再開となった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 12:55