ここから本文です

【鳴尾記念】2番人気バンドワゴンは7着 ルメール騎手「重賞で相手も強かった」

6/3(土) 17:00配信

スポーツ報知

◆第70回鳴尾記念・G3(3日・芝2000メートル、阪神競馬場、良)

 3番人気のステイゴールド産駒ステイインシアトル(武豊騎手騎乗)が逃げ切り勝ち。重賞初制覇を果たした。直線で追い上げた1番人気のスマートレイアー(Mデムーロ騎手騎乗)は首差の2着まで。3着は、好位の内からしぶとく伸びた7番人気のマイネルフロスト(丹内騎手騎乗)だった。勝ち時計は1分59秒4。

 幸騎手(スピリッツミノル=5着)「ズブさを見せず伸びてくれましたが、前が壁になるシーンがもったいなかったです」

 福永騎手(デニムアンドルビー=6着)「スタートがよくていつもよりいいところで運んだが、力むところがあった。それでも伸びてくれたように復調の気配は感じた」

 ルメール騎手(バンドワゴン=7着)「ワンペースで走っていたし、流れも遅かった。それにきょうは重賞で相手も強かったです」

 四位騎手(ラストインパクト=8着)「ハナに行くくらいの積極策を考えていたが、ゲートを出てからがゆっくりで…。乗り味はすごくいいし、何とかきっかけをつかみたいんだけどね」

 松山騎手(ミュゼエイリアン=9着)「楽に2番手から運べたんですが…」

 岩田騎手(レッドソロモン=10着)「脚はたまっていたんですが、追ってからがひと息でした」

最終更新:6/3(土) 17:18
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ