ここから本文です

繰り返される2世タレントの不祥事 親謝罪の風潮にたけし「親父に責任はない!」

6/3(土) 23:19配信

デイリースポーツ

 俳優・橋爪功(75)の息子で俳優の橋爪遼容疑者(30)が2日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されていたことが3日、分かった。逮捕を受け、ビートたけしは3日、「30だよ。大の大人なんだから、親父に責任はない!」「悪いのはせがれで、バカなんだから」と厳しい口調でコメント。“2世タレント”の不祥事で、親が謝罪する風潮に一石を投じる発言となりそうだ。

【写真】危機管理の専門家は高く評価…高畑淳子の謝罪会見

 レギュラー出演するTBS「新・情報7daysニュースキャスター」での発言。父・功は3日夜、自宅でインターホン越しに取材に応じ「午後5時過ぎに聞いたばかりで…」「よく分からない。ビックリした」などと話した。

 2世タレントが不祥事を犯した時、親が謝罪するのが日本の芸能界の通例。最近では昨年8月、長男で俳優の高畑裕太容疑者が強姦致傷罪で逮捕(不起訴処分)されたことを受け、母で女優・高畑淳子が涙の謝罪会見を開いたことが記憶に新しい。

 女優・三田佳子は2007年11月、歌手として活動していた次男が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、会見。「すべては私たち夫婦の養育、教育の失敗に起因するものだった」と謝罪した。会見では、高額な小遣いを子供たちに与えていた点も追及された。次男は高校時代を含め、3度目の逮捕だった。

 ロックバンドのメンバーだった俳優・中村雅俊の長男の俳優が大麻取締法違反の疑いで09年4月に逮捕された際には、中村が翌日に会見。「中村雅俊の息子でなく、一個の人間として生まれ変わってほしい」と号泣し、謝罪した。会見中、涙が止まらなかった。

 市川海老蔵が10年11月に殴打事件を起こした際には、父・市川團十郎(故人)さんが翌12月の舞台会見の席上、「(海老蔵は)生まれ代わるという気持ちで過ごしていると思う」と涙をこらえ謝罪。当時、團十郎さんは白血病で闘病中だった。