ここから本文です

負傷欠場中の棚橋登場!内藤を挑発でブーイング「オレのことが嫌いらしいな」

6/4(日) 0:16配信

デイリースポーツ

 「プロレス・新日本」(3日、東京・国立代々木競技場第二体育館)

 右腕の負傷で欠場中の棚橋弘至が久々にリングに登場。11日の大阪城ホール大会で挑戦するIWGPインターコンチネンタル王者の内藤哲也に宣戦布告した。

【写真】1・4東京ドームでは内藤の完勝に終わったが…

 棚橋は、内藤が10人タッグ戦で勝利してマイクアピールを始めたところにスーツ姿で登場。まさかの展開に場内がどよめく中、内藤からは「オレが何度呼びかけても会場に来なかったくせに、今日はどうなさったんですか。大阪城ホール欠場のあいさつでもしに来たんですか」と皮肉な出迎えを受けると、「待て待て待て、ヒーローは遅れて登場するんだよ」と切り返した。

 続けて、「内藤君が焦んなよと言うから、しっかり治療ができました」などと挑発。だが、声援だけでなくブーイングも飛び交い、「いいねえ、この感じ。何、ハッキリ言え、この野郎!どうやら、オレのことが嫌いらしいな」とファンまで挑発すると、場内に異様な空気が漂った。

 それでも、棚橋は動じることなく、「まあ、見とけよ、大阪城ホール。あー、久しぶりにスッキリした」とアピールを継続。そして、内藤がインターコンチネンタル王座のベルトを放り投げて去って行くと、そのベルトを拾い上げ、「このベルトはオレが救います」と宣言した。

 インタビューでは、内藤が「姿を現したね、棚橋。代々木までのんびりしなくても、他の会場でできただろ。オレが一番聞きたかったのはそこだよ。気持ちの問題だよ。オレと絡みたいがために挑戦するのか、あのベルトに思い入れがあって挑戦するのかどっちなのか試したかったワケよ。結局よくわかんなかったけどさ」と苦言。そして、「改めて、オレは大阪城ホール大会後に、インターコンチネンタル王座を封印したいと思います。とは言っても新日本プロレスはオレの言うことを聞いてくれないから、返上しますよ。オレのインターコンチネンタル選手権試合は大阪城ホール大会で終わり」と主張した。

 一方、棚橋は「(内藤は)制御不能と言われてますけど、とっくに制御可能なんですよ。オレの方が、内藤的なところから言うと、(会社に)なんでも言うことが通っていくんでしょ。オレの方が真の制御不能ですよ」と、内藤を再度挑発。だが、「こういう戦いは好きじゃないね。戦う前に気分がよくない」と嫌悪感も口にした。

 また、内藤の王座に関する発言を受けて、「インターコンチのベルトを巻いたことがありますけど、その時は何もできなくて。だから、インターコンチのベルトを持って、どうしていくかとか、獲ってからじゃないと言えない。ただ、やりがいだったり、楽しみとかはあります」との思いを口にした。そして、ブーイングについては「そういう時って、スゲー、燃えるんですよ。2007年のチャンピオンカーニバルのように、チャラけてチャラけて、そんなイメージでいいんじゃないかと。棚橋に求められるヒーロー像はあるんですけど、そういうものじゃないところで勝負したい」と前向きに受け止めた。