ここから本文です

福永祐一騎手「諦められない」日本ダービーへの思い

6/3(土) 18:19配信

スポーツ報知

 3日放送のTBS系「バース・デイ」(土曜・後5時)は、悲願の日本ダービー制覇を狙うJRAの福永祐一騎手(40)に密着した。

 現役時代“天才”と言われた元騎手の福永洋一さん(68)を父にもつ福永騎手は、「親父が勝ちたいレースがダービーだと母親から聞いた。代わりじゃないけど、果たせるのは自分だけだと思う」と日本ダービーへの思いを語った。

 ダービー制覇へ、2010年から日本競馬界で初めて専属コーチを付け、騎乗フォームを土台から作ることに専念。以降6年連続で100勝を超えるなど、11年、13年には最多勝を獲得するまでに成長した。

 5月28日に行われた日本ダービー。15年連続で18度目の出場となった福永は、カデナに騎乗。スタートの出遅れが響き11着に終わるが「残念な結果になりましたけど、諦められない思いと、現状がありますので、もっと良い騎手になっていかなきゃなとは思います」と親子の悲願へ前を向いた。

最終更新:6/3(土) 18:19
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ