ここから本文です

【札幌】“不敗男”河合、3連敗で止める!

6/4(日) 8:05配信

スポーツ報知

 J1北海道コンサドーレ札幌の「ホーム不敗男」が、リーグ戦4試合ぶり勝利へと導く。札幌は4日、札幌ドームに神戸を迎え撃つ。3バックの中央で先発が濃厚なMF河合竜二(38)は、本拠地で先発した試合は2015年5月を最後に、15試合連続で負けがない。5月31日のルヴァン杯・柏戦にはベンチ入りせず、今日の一戦に向け、万全の体制を築いてきた。チーム最年長が守備陣をけん引し、6月初戦を制しにいく。

 勝利への思いに満ちあふれた。神戸戦前日3日の練習。会場の札幌ドームで2時間の調整を終えた河合が、連敗ストップを強い口調で胸に期した。「死ぬ気で戦えば結果はついてくる。死力を尽くしたい」。3連敗で、降格圏の16位・広島には勝ち点2差に詰められている。闘志を前面に押し出し、残留圏は守り抜く。

 万全の体調を整えた。前節の鳥栖戦に先発後、中3日のルヴァン杯・柏戦は欠場し、神戸戦1本に照準を合わせてきた。鳥栖からの帰道後には、2人の息子の運動会のため、3時間並んで場所取りをした。心のリフレッシュも完了し、最良の状態で先発ピッチに立つ。

 観客席から見た柏戦の勝利に、1つのきっかけも思い起こした。「3月も磐田に勝って流れに乗れたので」。開幕から1引き分け2敗で迎えたルヴァン杯の磐田戦で今季初勝利を挙げ、続く広島戦のリーグ戦初白星につなげた。「チームの雰囲気も悪くない。柏戦の勝ちはプラスに働くと思う」。“2連勝”を飾り、いい流れを完全に引き寄せる。

 河合がホームで先発した試合は、2015年5月9日・熊本戦の2―3を最後に負けがない。今年も、5月6日の大宮戦で今季初の完封勝利を飾って、15試合で7勝8分けと不敗を継続した。神戸と前回対戦した13年11月10日でも河合は札幌ドームでフル出場し、1―0で勝った。今日の一戦も不安要素はない。

 神戸戦後は17日の鹿島戦まで試合がない。3連休もあるその間を、暗い気持ちで過ごしたくはない。「休みに入る前に、いい結果を出したい」。小休止前の戦いは、河合がきっちり勝利で締める。(砂田 秀人)

最終更新:6/4(日) 8:05
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ