ここから本文です

【磐田】俊輔に続き川又も復活!G大阪戦5年ぶり勝つ

6/4(日) 8:06配信

スポーツ報知

 リーグ5戦勝ちなしのJ1ジュビロ磐田は4日、G大阪と対戦(午後3時、ヤマハ)する。4戦連続無得点の磐田は、左ハムストリングス肉離れで前節を欠場した中村俊輔(38)の先発復帰が濃厚。G大阪から5年ぶりの白星を挙げられるか。

 静かに闘志を燃やした。中村俊は「(リーグ4戦連続無得点は)まずい。FW川又にとってもらいたいのもあるけど、まずは『自分が』(決める)という気持ちがある」。5戦勝ちなしの原因は、決定力不足であることは明らか。名波浩監督(44)も「みんな1点の重みを相当感じている。(ゴールに)相当フォーカスしている」。この日の紅白戦でも、左ハムストリングス肉離れ明けの俊輔をトップ下で起用。先発の最終判断は試合当日になるが、あえてベテランをプレーさせてまで流れを変えたかった。

 G大阪は今季、リーグ最小失点の9。指揮官は「遠藤(保仁)もスライディングするように、最後まで体を投げ出すのがガンバスタイル。ACLなど試行錯誤するなか、よくここ(2位)にいる。運もある」と警戒。J1では12年の最終節(12月1日、2〇1)以来、白星がない相手を下せば、勢いがつくはずだ。

 明るい材料もある。ルヴァン杯・大宮戦(先月31日)は風邪のため、ベンチ外となったFW川又堅碁(27)が復帰。日本代表活動期間のため、今節のあと約2週間試合はない。いい雰囲気で中断を迎えるためにも、点をとって勝つ。(山田 豊)

最終更新:6/4(日) 8:06
スポーツ報知