ここから本文です

鉄拳、ドラマ『居酒屋ふじ』名物店主・おやじの豪快エピソード描く

6/3(土) 14:00配信

オリコン

 永山絢斗と大森南朋がダブル主演を務める、テレビ東京系『土曜ドラマ24 居酒屋ふじ』(7月スタート、毎週土曜 深0:20)の全話に、お笑い芸人・鉄拳が描き下ろしたイラストが挿入されることがわかった。イラストの内容は、今は亡きふじの名物店主・おやじの豪快すぎるエピソード。「戦後の闇市の話」や「ちょっぴりエッチなエピソード」、「あの超有名スポーツ選手との泣ける男の約束」など、おやじの数々の逸話が鉄拳オリジナルのイラストでよみがえる。

【写真】第1話は本人役で篠原涼子が出演

 女優の篠原涼子が本人役でゲスト出演する第1話では、第二次世界大戦、終戦直後の混沌とした日本社会の中で、おやじがたくましく生きながら恋をし、居酒屋「ふじ」を始めた秘話を描く。

 鉄拳は「テレ東深夜ドラマが好きでよく見ていたので今回イラストで参加させてもらい本当に光栄です! おやじのエピソードを描いていくうちにおやじのファンになってしまいました。『居酒屋ふじ』にはそんなファンたちが集まって来るのでしょう。 ドラマを見た人たちがおやじに会いたくなる、そんなドラマの力になれたらうれしいです」とコメントを寄せている。

 店主のおやじの逸話を鉄拳のイラストで表現するアイデアについて倉地雄大プロデューサー(テレビ東京 編成局ドラマ制作部)は「永山さん演じる西尾が、今は亡きふじの店主・おやじの奇想天外で豪快すぎる逸話を聞いて、そこから人生のヒントを得たり、明日も頑張ろう! と一歩前を向いて歩き出すきっかけを与えてもらったりします。そんな主人公の心動かすエピソードを、見ている人により想いを伝えるために…と悩みぬいた末にたどり着いたのが、“泣ける”パラパラ漫画の鉄拳さんでした」と説明。

 「言葉がなくてもその独特な絵だけで、人の心を動かし続けてきた鉄拳さん。その類まれなる才能がドラマ本編内で存分に発揮されます。ちなみに僕も含めた制作スタッフは、仕上がったイラストの一部を見ただけで感動しました! “笑いあり、涙あり”のこのドラマにおいて、鉄拳さんのイラストは不可欠です!」と確信している。

 原作は、東京・中目黒に実在する店「居酒屋ふじ」の店主で、2014年に惜しまれながらもこの世を去ってしまった “おやじ” の半生を描いた同名小説『居酒屋ふじ』 (講談社)。ドラマのセットは、「ふじ」の店内を本物そっくりに再現。ドラマに出てくる料理の数々も、常連たちが舌鼓を打った実際にお店で出している名物メニューが登場する。

 同ドラマは、Amazonプライム会員向けの映像配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」で放送1週間前から独占先行配信される。

最終更新:6/3(土) 14:00
オリコン