ここから本文です

レッドブル・エアレース千葉大会開幕 室屋選手連覇狙う

6/3(土) 9:43配信

福島民報

 「空のF1」と呼ばれる飛行機の世界最高峰レース「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2017第3戦」は3、4の両日、千葉市の幕張海浜公園で行われる。福島市在住のパイロット室屋義秀選手(44)は第2戦の米国サンディエゴ大会に続く2戦連続優勝と千葉大会連覇を狙う。
 2日は強風のため、午前と午後に予定されていた練習飛行が中止になった。飛行機の格納庫前でサイン会が開かれ、室屋選手はリラックスした表情を見せ、子どもたちと握手を交わしていた。
 今季唯一の国内戦で、世界のトップパイロット14選手が出場する。最高時速370キロが出る小型飛行機に乗り、高さ25メートルの障害物が立つ空中コースを周回し、タイムを競う。3日に予選、4日に本選を行う。

福島民報社

最終更新:6/3(土) 9:50
福島民報