ここから本文です

バラドル界の化け物・井森美幸&島崎和歌子の魅力 土田晃之が分析

6/3(土) 7:00配信

AbemaTIMES

 バラエティ番組に欠かせない「ひな壇芸能人」だが、この仕事を続けるのはあまりにもキツいと語るのは土田晃之だ。「21歳から20年以上テレビに出続ける芸能界の生き字引」「ひな壇に欠かせない男として 全バラエティ番組が頼りにしている存在」といった言われ方もする。そんな土田が芸能界での生き残り術を次世代に伝える番組『TVじゃ教えてくれない業界裏教科書』に出演し、「バラドル界の2大レジェンドから学ぶ芸能界生き残り術 講座」の先生役を務めた。生徒はモデル・堀田茜、AKB48・入山杏奈、タレント・岡田結実、女優・太田唯、タレント・内藤理沙、そして『テラスハウス』(フジテレビ系)にも出演したNikiの6人だ。

 長年生き残ってきた土田はまずは一気にこうまくしたてた。

「僕らは『ひな壇』が本業ですからね! 皆さんは本業は別ですから。今日は本業がありながら、いかにひな壇に出るという話をします。純粋に『バラエティでなんとかしたい…』というクソみたいな考えはやめちまえ、ということです。ミュージシャンや女優といった仕事があった中でのバラエティ番組について今日は話します。
 バラエティは安易に出られるんです。事務所が、旬の人物であるあなたたちを押そうとしているんです。でも、数年後は顔ぶれが変わっているもの。20年、なんだかんだ仕事していますし、色々な若い子と仕事していますが、今、誰ももういないんですよ。10歳ぐらい年下のグラドルとか、もう誰もいないんです。今日はひな壇を本気で目指すなんて思ってはいけないということを教えに来ました。本気で目指そうとすれば、2人のレジェンド、いや、化け物を紹介します。バラエティでは小池栄子は神的存在でした。でも、今は女優でしょ? バラエティを利用して本当にやりたいことをやっているのです。だから、女の子は身分が違うんだよ! そんな中、2人しかレジェンドはいないと思っています」

1/3ページ

最終更新:6/3(土) 7:00
AbemaTIMES