ここから本文です

高知市内の歯科院を有形文化財に登録

6/3(土) 16:05配信

テレビ高知

テレビ高知

高知市の織田歯科医院が先月、文部科学省から「有形文化財」に登録されました。これを受け、織田歯科医院に登録証とプレートが贈呈されました。

「登録有形文化財」は原則として建築後50年が経過し、国土の歴史的景観に寄与しているなどの登録基準を満たした建造物が登録されます。今回、有形文化財に登録されたのは、高知市升形の織田歯科医院の建物と塀です。大正14年に建設された織田歯科医院の建物は、県内でも最も古い時期の鉄筋コンクリート造です。建物は太平洋戦争や昭和の南海地震にも耐え抜き、2年前まで診療に使われていました。また建物と合わせて有形文化財に登録された織田歯科の塀には昭和20年7月の空襲で焼夷弾の被害を受けた痕が残っています。2日は高知市教育委員会の高岡幸史教育次長から織田英正院長に登録証とプレートが贈呈されました。

有形文化財に登録された建物は今後、イベントなどにも活用され、大勢の人が利用しながら守り伝えることにしています。

最終更新:6/3(土) 16:05
テレビ高知