ここから本文です

錦織3回戦20時 鄭現と亜細亜最強決定戦!「アジアテニスの活気」【全仏オープン】

6/3(土) 18:50配信

TENNIS.JP

<全仏オープンテニス>(通称:ローランギャロス)

32強となった錦織圭(日清食品)は韓国の鄭現(チョン・ヒヨン)と対戦する。
その3回戦は6月3日、11時開始。
コート1の第二試合に入った。

第一試合は女子シングルス3回戦なので、錦織の試合が始まるのは13時ごろ、日本時間だと今晩の20時ごろだろう。

鄭現(チョン・ヒヨン)、は韓国テニス界期待の21歳。現在67位だが、クレーコートシーズンに入り好調、勢いがある。

「チョンがIMGにいたのはたぶん12歳ぐらい。才能があった。
一緒に練習したことはない。お互いにプレーの内容を知っているわけではない。」

「フォアもバックもクロスもダウンザラインも打てる選手。
長いラリーの試合になると思う。」と錦織。

鄭現(チョン)はグランドスラム大会では6大会目の本戦となるが、全仏で初めて2回戦を突破した。
1回戦では第27シードのクエリー(アメリカ)を6-4,3-6,6-3,6-3、2回戦ではイストミン(ウズベキスタン)を6-1,7-5,6-1と難敵を連破してきた。

クレーでの前哨戦といわれている、4月のバルセロナ(ATP500)では予選を勝ち上がり、期待の世界9位A.ヅベレフ(ドイツ)を6-1,6-4で破るなどして8強になっている。(準々決勝でナダルに6-7(1),2-6で敗れた。)

翌週のミュンヘン(ATP250)ではモンフィスなど破りベスト4強。
急激に強さを増しているアジアの成長株選手。あなどれない相手だ。

亜細亜最強決定戦、今アジアで一番強い男はどちらだ!と韓国では燃えているだろう?

「彼みたいな選手が出てくるとアジア全体も活気づく。
個人的には嬉しい。」
と錦織は受けてたつ。
注目の一戦は6月3日(土)今晩始まる。

塚越亘, KYOKO, Y.Morishita, T.Terashima,

最終更新:6/3(土) 19:08
TENNIS.JP