ここから本文です

ブランド牛の焼き肉堪能 白老牛肉まつりに町内外から大勢の人

6/3(土) 15:11配信

苫小牧民報

 第28回白老牛肉まつりが3日、白老町の白老インター前広場で始まった。同町を代表するグルメイベントに各地から大勢の人が集まり、ブランド牛「白老牛」の炭火焼きに舌鼓を打った。

 午前10時から特設ステージで行われた開会式で、阿部高幸実行委員長は「今年も15頭分を用意した。ランクはA4、A5の上物。白老牛を堪能してほしい」と述べ、戸田安彦町長は「道内一のブランド牛として本州にも広がっている」とアピールした。

 3600席設けられた会場の炭火焼きコーナーで家族連れや友人グループが焼き肉を堪能する光景が広がり、室蘭市から大学の仲間9人と初めて来場した山田祐揮さん(20)は「軟らかくて臭みもなく、おいしい。今日は豪華に食べ尽くしたい」と上質の牛肉を味わっていた。

 最終日の4日は午前9時半から午後4時まで。

最終更新:6/3(土) 15:11
苫小牧民報