ここから本文です

高知から五輪選手育成へ

6/3(土) 16:12配信

テレビ高知

テレビ高知

競技力の向上やスポーツを通じた産業振興を目指そうと、高知県の1回目のスポーツ振興本部会議が開かれ、2020年の東京オリンピックに向けたさまざまな取り組みについて話し合われました。

県スポーツ振興本部会議の1回目の会議では、県内のスポーツの現状などについて報告されました。

県内では、レスリングなど一部のスポーツでは世界大会でも好成績を残す選手がいますが、国体では都道府県別総合成績が3年連続で最下位と競技力の二極化が進んでいます。

今後は、県外から優秀な指導者を招くなどして、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに県内から代表選手を出すことと同じ年の国体で、総合成績30位以内に入ることを目標にしています。

また、プロスポーツのキャンプなどを誘致することで県内外から観光客を呼び込む方法についても話し合われました。現在県内では、プロ野球3球団がキャンプを行っていますが、室内練習場などの施設を整備し、より多くのチームに利用してもらえるよう呼びかけることが確認されました。

最終更新:6/3(土) 16:12
テレビ高知