ここから本文です

【UCL決勝直前#3】悲願の『欧州制覇』に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ

6/3(土) 6:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

コンテでも成し得なかった優勝 野心を抱くアッレグリ監督

チャンピオンズリーグ(UCL)で連覇を達成したクラブは過去にない。理由はさまざまあったとしても、「ハングリー精神」が大きな要因の一つであることに疑いはないはずだ。その点において、アドバンテージがあるのは間違いなくユヴェントスである。

3年間で2回も優勝しているレアル・マドリード。過去11回の優勝回数から見ても、一枚上手と考えるべきだろう。だが、気迫ではユヴェントスが2つも3つも上をいっていると信じている。

2年前、ユヴェントスはUCL決勝でバルセロナに敗れた。グループステージを2位で突破したイタリア王者は、ボルシア・ドルトムント、モナコ、レアル・マドリードを下して決勝に進んだが、タイトルを逃している。決勝まで進んだこと自体が大躍進であり、誰も非難するようなことはなかった。だがしかし、悔しくないはずがない。それが今回のベースとなるモチベーションだ。

2014-15シーズンから指揮を執っているマッシミリアーノ・アッレグリ監督にとって、2年前の決勝はユヴェントスにきて最初のシーズンだった。アントニオ・コンテ現チェルシー監督の“後釜”だった元ミラン指揮官には最初、前任の“遺産”で勝っているといううれしくない評判があった。だが、UCL決勝進出という成功で手腕を全員に確信させている。コンテでも成し得ていないことをして立ち位置を変えたいと目論んでいることだろう。イタリア人監督が世界中で活躍する昨今、アッレグリ監督にも国外の世界的な強豪から誘いがあるらしい。先輩たちのようにイタリアを出る野心があるかは分からないが、UCL優勝監督になることへの野心は確かに持っている。

2年前にはなかった武器 新参者のアルゼンチンコンビ

1年前、裏切り者と呼ばれることを覚悟してユヴェントスにやってきた男がいる。FWゴンサロ・イグアインだ。ナポリのエースとしてゴールを量産していた彼は、熱狂的で知られるナポリファンを敵に回すことを理解した上でユヴェントスへ移籍した。もちろん、タイトルを獲るためだ。ナポリに忠誠を尽くせば、ずっと地位は安泰である。ディエゴ・マラドーナのように、訪れるたびに大歓声で迎えられる存在になれたかもしれない。目的を達成するための裏切り行為――。1年前の決断が正しかったことを証明するためにも、ビッグイヤーを掲げなければいけない。ナポリのファンに嫌われても、イグアインの選択を間違いだったという人はいなくなるだろう。ナポリの前はレアル・マドリードでプレイしていたイグアイン。当時はポジション争いに負けた格好でスペインを去ったが、そのときとは違うことを証明するつもりだ。

2年前には、パレルモからFWパウロ・ディバラがやってきた。UCL優勝を逃した直後にやってきたアルゼンチンの若手だ。イタリアではすでに有名だったが、世界的な知名度を高めたのは今シーズンのUCLではないだろうか。決勝進出を決めたあとで彼は「5年前はアルゼンチンにいた。(当時は)ユヴェントスにいることすら想像できなかったのに、UCL決勝なんてね…」と感慨深げだった。夢を追って南米を飛び出した少年は、それをも飛び越す勢いを持っている。ノリに乗っている選手なだけに、この大舞台で次世代のバロンドール候補に名乗りをあげるつもりかもしれない。

1/2ページ

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1