ここから本文です

怪童13張本、4回戦突破。史上最年少メダルまであと1勝!【世界卓球2017】

6/3(土) 19:30配信

テレビ東京スポーツ

「世界卓球2017ドイツ」(個人戦:世界選手権デュッセルドルフ大会)3日、大会6日目。男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク6位でリオ五輪シングルス銅メダリストの水谷隼(木下グループ)を圧倒し勢いに乗る張本智和(JOCエリートアカデミー:世界ランク69位)が登場。

【世界卓球2017ドイツ】結果・トーナメント表

 若干13歳の怪物は、1回戦で韓国のエース、チョンヨンシク(世界ランク12位)を破って4回戦まで進出してきた今大会のダークホース、スロバキアのピシュテイ(世界ランク156位)と対戦。

 お互い格上の選手を破っての対戦となったが、勢いが勝ったのでが張本。第4ゲームにピシュティの精神的な揺さ振りで1ゲームを落とすも立て直し、13歳とは思えない気迫のこもったプレイで一回り以上離れたピシュテイを12-10/11-8/11-9/9-11の4-1で圧倒。準々決勝に駒を進めた。史上最年少のメダルまであと1勝とした。

【男子シングルス】
<4回戦>
張本智和 4-1 ピシュテイ
12-10/11-8/11-9/9-11/

テレビ東京