ここから本文です

ディミトロフ 全仏OP初の4回戦進出ならず、世界21位にストレート負け<男子テニス>

6/3(土) 8:56配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は2日、男子シングルス3回戦が行われ、第11シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)は第20シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)に5-7, 3-6, 4-6のストレートで敗れ、大会初の4回戦進出とはならなかった。

【錦織vsチャン 1ポイント速報】

全仏オープンでは2014年から3年連続の初戦敗退を喫していたディミトロフは、今大会1回戦でS・ロバール(フランス)、2回戦でT・ロブレド(スペイン)をいずれもストレートで下し、4年ぶりの3回戦進出を果たしていた。

この日、ディミトロフは2度のブレークに成功するも、カレノ=ブスタに5度のブレークを許した。ウィナーを44本決めたが、46本もの凡ミスを犯し、2時間18分で敗れた。

2013年の3回戦進出が全仏オープンで最高成績だった世界ランク13位のディミトロフは、初の4回戦進出を狙うも同21位のカレノ=ブスタに阻まれた。

今シーズンは、開幕戦のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)でキャリア通算5勝目をあげ、続く全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では大会初のベスト4へ進出するなど好調な滑り出しを見せていたが、その後は早期敗退が相次ぎ、苦しい戦いが続いていた。

一方、グランドスラム初の4回戦進出を果たした25歳のカレノ=ブスタは、8強入りをかけて第5シードのM・ラオニッチ(カナダ)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:6/3(土) 8:56
tennis365.net