ここから本文です

セイバーメトリクスの指標で見るプロ野球 今季の各リーグWARトップ10は

6/3(土) 10:13配信

Full-Count

パ・リーグは4割打者と日本新記録達成右腕がトップに

 現在のメジャーリーグで最も重視されているセイバーメトリクスの指標の1つにWAR(Wins Above Replacement)がある。様々な指標を総合して、ある選手が走攻守の全てを合わせて、どれだけ勝利に貢献したかを評価するもので、「控えレベルの選手が出場する場合に比べて、どれだけチームの勝利を増やしたか」を表している。

【データ解析】WARベスト30に応援球団の選手は何人? セ規定打者セイバー成績一覧

 つまり、WARが「4」であれば、チームに4勝分の貢献をしているということになる。昨季、25歳にして自身2度目のア・リーグMVPに輝いたマイク・トラウト外野手(エンゼルス)はWAR「11.5」をマークした。逆に、WARがマイナスを記録する選手もいる。

 では、今季の日本で高いWARを記録している選手は誰なのか。ここでは、DELTAが独自集計したWARで、セ・パ両リーグの投手・打者別に6月2日時点でのトップ10を紹介したい。

【パ・リーグ】

▽野手
1、近藤健介捕手(日本ハム)3.8
2、秋山翔吾外野手(西武)3.6
3、源田壮亮内野手(西武)2.8
4、茂木栄五郎内野手(楽天)2.8
5、内川聖一内野手(ソフトバンク)2.5
6、浅村栄斗内野手(西武)2.3
7、柳田悠岐外野手(ソフトバンク)2.0
8、今宮健太内野手(ソフトバンク)1.9
9、鈴木大地内野手(ロッテ)1.8
10、T-岡田外野手(オリックス)1.8

▽投手
1、則本昂大投手(楽天)3.0
2、菊池雄星投手(西武)2.6
3、東浜巨投手(ソフトバンク)2.0
4、野上亮磨投手(西武)2.0
5、千賀滉大投手(ソフトバンク)1.7
6、ブライアン・ウルフ投手(西武)1.6
7、加藤貴之投手(日本ハム)1.4
8、美馬学投手(楽天)1.4
9、リック・バンデンハーク投手(ソフトバンク)1.2
10、ブランドン・ディクソン投手(オリックス)1.2

 野手では、打率.407と絶好調の近藤がトップ。秋山、ルーキー源田と打撃だけでなく守備での貢献度も高い西武の2人が続き、首位楽天を牽引するリードオフマンの茂木が4位に入った。

 一方、投手では7試合連続2桁奪三振の日本新記録を達成した則本が1位。西武の新エースとして抜群の安定感を見せている菊池が2位で、千賀とソフトバンクの2本柱を形成しつつある東浜が3位につけている。

1/2ページ

最終更新:6/3(土) 10:32
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(土) 8:25