ここから本文です

しあわせ部長「くまモン」...1年ぶりの小峰城 今後も復興へ一丸

6/3(土) 10:48配信

福島民友新聞

 熊本県の営業・しあわせ部長「くまモン」は2日、東日本大震災で被災し修復作業が進む白河市の小峰城跡を1年ぶりに訪れた。再会した鈴木和夫市長と力強く握手を交わし、今後も復興に向けて協力していくことを誓い合った。
 白河市は熊本地震で損壊した熊本城(熊本市)の復旧に向けて助言を続けており、鈴木市長は「復興は道半ばだが、力を合わせて頑張ろう」と激励。くまモンは「また、福島に呼んでくれてうれしいモン」などと通訳を通してコメントした。
 鈴木市長からくまモンに白河産コシヒカリが、くまモンから鈴木市長に熊本県産のスイカと復興への支援を感謝する言葉が書かれた色紙が贈られた。県のマスコットキャラクター「キビタン」や白河市の「しらかわん」も参加した。

福島民友新聞

最終更新:6/3(土) 10:48
福島民友新聞