ここから本文です

市役所職員を名乗る詐欺 男性、100万円振り込む被害/草加

6/3(土) 22:41配信

埼玉新聞

 2日午後8時ごろ、埼玉県草加市の会社役員男性(79)から「振り込め詐欺で約100万円の被害に遭った」と、110番があった。

 草加署によると、同日午後0時50分ごろ、男性方に市役所職員を名乗る男から「医療費の還付金がある」「コンビニに着いたら電話を」と電話があった。

 信じた男性は同日午後1時25分ごろ、草加市内のコンビニエンスストアの現金自動預払機(ATM)コーナーで、男の指示通りにATMを操作し、指定された口座に現金約100万円を振り込んだ。

 帰宅してから「今日は通帳とカードの使用を控えて」と言われていたことを思い出し、記帳したところ、だまされたことに気付いたという。

 同署で詐欺事件として、調べている。

最終更新:6/3(土) 22:44
埼玉新聞