ここから本文です

アウベスが明かすペップの“狂ってる才能”「頭がパッカーン!となり、彼は叫んで飛び上がる」

6/3(土) 14:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

独特のスタイルで戦術を開発?

ペップ・グアルディオラはそのスキンヘッドを撫で回し、天才的な閃きを捻出する。かつて彼の下でプレイした経験のあるダニエウ・アウベスが、そのように説明している。

バルセロナでは就任1年目からリーガエスパニョーラやチャンピオンズリーグを制する3冠を達成し、続くバイエルン・ミュンヘンでも圧巻の戦績を残していたペップ。冷静な判断と的確な分析によって個性の強いスーパースター達を手なづけてきた稀代の名将だが、自らの予期せぬ試合展開となったとき、頭を掻きむしる仕草を見せることがある。バルサ時代の教え子であるアウベスは、その仕草によって天才的な采配が生み出されるのだと解説した。『Manchester Evening News』が伝えている。

「ペップは思い通りにいかない試合になると、ハーフタイムにロッカールームでもよく頭を撫で回していたね。どんな風に撫でるか、皆もよく知ってるだろ? まるで脳みそをマッサージしているみたいにね。ああすることで彼は天才的な閃きが降臨するのを待っている。皆が見つめる中、彼は控え室でもそれをやる。もちろん魔法が彼に降り注ぐよ。パッカーン! 降臨! ってね。ペップは飛び上がって叫び出す。そして戦術ボードに詳しくその内容を説明するんだ。『これとこれをやって、次にあれとあれを実行する。そうすれば我々はこのようにゴールを決められる』と。僕らはその指示を忠実に再現する。そして、その通りにゴールが奪える。狂ってるよ」

ペップ・グアルディオラが天才と謳われる所以を詳しく力説したアウベス。次にペップが頭を撫で回す仕草を見せたとき、観客は注視する必要がある。数分後にはペップの思惑通りのビューティフルゴールが誕生するかもしれないからだ。

http://www.theworldmagazine.jp