ここから本文です

錦織がチョン・ヒョンから2セット連取で16強入りに王手 [全仏テニス]

6/3(土) 22:55配信

THE TENNIS DAILY

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)の男子シングルス3回戦で、第8シードの錦織圭(日清食品)がチョン・ヒョン(韓国)と対戦。第1セットを7-5で先取した錦織が第2セットも6-4で奪い、ベスト16入りに王手をかけた。

錦織はシャルディを寄せつけず、途中12ゲームを連取----肩の治療が唯一の〈失策〉 [全仏オープン]

 両者は今回が初対戦。21歳のチョンは1回戦で第27シードのサム・クエリー(アメリカ)を6-4 3-6 6-3 6-3で、2回戦ではデニス・イストミン(ウズベキスタン)を6-1 7-5 6-1で破り、グランドスラムで初めて2回戦突破を果たした。

 全仏オープンに5年連続7度目の出場となる錦織は、2014年に自己最高の8強入り。昨年は4回戦で、リシャール・ガスケ(フランス)に4-6 2-6 6-4 2-6で敗れている。

 この試合の勝者は4回戦で、フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。ベルダスコは3回戦で、第22シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)を6-2 6-1 6-3で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 03: Kei Nishikori of Japan plays a backhand during the mens singles third round match against Hyeon Chung of Korea on day seven of the 2017 French Open at Roland Garros on June 3, 2017 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6/3(土) 22:55
THE TENNIS DAILY