ここから本文です

マニラのリゾート施設で放火 37人の遺体発見

6/3(土) 16:44配信

AbemaTIMES

 フィリピンの首都マニラにあるリゾート施設が襲撃され、37人の遺体が見つかった。

 現地警察によると、日本時間の6月2日午前1時ごろ、ニノイ・アキノ国際空港の近くにある「リゾーツ・ワールド・マニラ」で、男が2リットルのガソリンを持ち込んで火を付けた。

 容疑者は死亡したが、死因は明らかにされておらず、AP通信などは「警察は強盗の可能性が高く、テロとの関連は疑わしいとみている」と伝えている。この施設はホテルやカジノ、映画館などが入る大型リゾート施設で、今のところ、日本人の被害は確認されていない。

(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:6/3(土) 16:44
AbemaTIMES