ここから本文です

ヤクルト交流戦白星なし5連敗…今季2先発目館山3回4失点、山田6号も空砲

6/3(土) 17:05配信

Full-Count

西武は3年目左腕の佐野が6回2失点の好投で今季3勝目

 ヤクルトは3日、本拠地での西武戦に2-8で敗れ、交流戦5連敗を喫した。この日1軍登録された館山が今季2度目の先発で3回4失点と仕事が果たせず。山田が6号2ランを放つも空砲と化した。

 4月6日阪神戦以来、今季2度目の先発マウンドに上がった館山は、初回こそ無失点に抑えたが、2回に中村に先制ソロ、3回には秋山と浅村に連続本塁打を献上。3回を投げて3被弾を含む4安打4失点で降板した。その後もギルメットが2回で3失点、石山が2回で1失点、平井が1回で3失点と傷口を広げた。

 打線は、3回に山田が西武先発の佐野から6号2ランを放ったが、その後の安打は散発で得点につながらず。手痛い交流戦5連敗を喫した。

 西武は3年目左腕の佐野が6回を2失点の好投でチームを牽引。打線も3本塁打を含む12安打11得点と爆発し、貯金を7に増やした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/3(土) 17:05
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/23(木) 6:30