ここから本文です

早実・清宮 高校通算100号まであと1本!2試合3発放ち99号も「やり方は変わらない」一問一答

6/3(土) 22:09配信

AbemaTIMES

 早稲田実業の主将で主砲の清宮幸太郎(3年)が6月3日、愛知県内で行われた招待試合で2試合に出場し、ホームラン3本を放った。これで高校通算の本塁打は99本に。史上2人目となる100号に、あと1本と迫った。試合を終えた清宮は「100本まであと1本ということですが、やり方が変わるというわけでもない」と、落ち着いた様子で答えた。インタビューの内容は以下のとおり。

―キャプテンとして今日2試合振り返ってチームにとってどんな試合になったでしょうか。

 自分たちらしい野球はできているかなと思うんですけど、まだまだ守備の面で、点が取られてします。(失点)ゼロの回を作る、基本的なところからやっていかないといけないかなと思います。

―自身の打撃についてはどうですか。

 悪くはなかったと思いますが、高目のボール球にも手が出たいたので、そこがよくなかったかなと思います。

―1本目、レフトへのホームランでした。

 カウントも追い込まれていましたし、三振だけは嫌だったんで。その前に2点取られていたので、なんとか粘っていこうと思ったら入りました。

―あの打球が(スタンドに)入るというのは、どう感じていますか。

 風もあると思いますが。でもしっかり芯に当たっていましたし、日頃のトレーニングだったり体幹(トレーニング)だったり、そういう成果が出たんじゃないかなと思います。

―2本目は左の速球派からのホームラン

 かなり差し込まれて詰まってしまったんですけど、それでも角度もよかったですし。捕られちゃうかなと思ったんですけど、なんとか入ってよかったです。

―3本目は打った瞬間、というホームランでしたか。

 ファウルだと思って見ていたんですが、風でも戻ってきてくれてよかったです。

―今日3本出て、99本までホームラン数が来たことに関してはどう思いますか。

 100本まであと1本ということですけれど、でもやり方が変わるというわけでもないので。明日も変わらず1球1球集中していきたいと思います。

最終更新:6/3(土) 22:09
AbemaTIMES

スポーツナビ 野球情報