ここから本文です

泰平踊フィギュア

6/3(土) 11:58配信

宮崎日日新聞

 ◎…日南市飫肥に伝わる県指定無形文化財「泰平踊」のかっこよさをPR-。同市大堂津の河野進五さん(65)が、紫の着物姿の侍(鶴組)をかたどった人形をプラスチック樹脂で手作りした=写真。

 ◎…「泰平踊の人形を見たことがなく、作ってみたい」と、串間市の人形作家の下に10カ月通って勉強。構えなど細かい部分も試行錯誤した。人形は大きさ12センチで、型から抜き、手作業で彩色する。

 ◎…周囲の評判が良かったため、飫肥の和雑貨店「紀風屋小町」で2千円で販売を始めた。河野さんは「今後は藍色の着物の侍(亀組)や、奴(やっこ)も作りたい」と創作意欲は型にはまらない。

宮崎日日新聞

最終更新:6/3(土) 11:58
宮崎日日新聞